最近のお仕事

ある時から作為というものが苦手になりました。

過程を無視した結果といいますか…

写真にせよ、動画にせよ、絵画にせよ、どや!いいの撮ったで! 見ておくれ!!と感じる作品に対して、気持ち悪く感じてしまうようになりました。


努力や感動は言われなくてもその作品に埋蔵されてしまうと思います。


そこに何かを付け足すことで作為のこもった作品になるかと思います。


そんなことを考えていたら一時期、フィルムカメラでしか写真が撮れなくなりました。


最近は動画がちょっときつくなってきました。

色の調整や編集に作為が乗っかってしまいます。


魯山人も言っていました、作為のない自然の中にこそ芸術はあると。


私は芸術家ではないですが、一応ローカルクリエイターです。

作為を超えた自然を自分がまとい、クリエイティブすることでそこは解決するのかもしれないと思いました。


オーガニックな感動を体験したいものです。






先日、カップルの入籍日の一日を追う撮影をさせていただきました。

とても素敵なお二人で、撮影していて何度も泣いてしまいそうになりました。


そして、お二人にも本当に喜んでいただけました。


お二人から溢れ出る自然な感情を受け取らせていただきました。



普段はBtoBで仕事をしていますが、BtoCはいいものだなと感じました。


素敵なお二人に会えたことに感謝いたします。








閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示

吐き気がするほど楽しみにしていたオビワンケノービのドラマ。 賛否両論ありますが、私にとっては残念ながら期待していたものではありませんでした。 なぜ面白くないのか考えてみました。 ネタバレありです。 ジョージルーカスが作ったスターウォーズはカウンターカルチャーでした。 まず、私が思うジェダイの哲学から。 ジェダイの哲学は、本来人間が持っている能力や宇宙の法則を描いていたと思われます。 求めることでは