2022 s/s tee 「GATAFORNIA DREAMIN'」

待望のGATAFORNIA2022年Tシャツを発表することができました。


近年は様々なアーティストとコラボして頂いておりますが、今回もGATAFORNIAと縁のあるアーティスト、上野恒星さんにデザインを描いていただきました。



上野恒星


1988年生まれ、福岡県出身。


今年、初の個展『Hello It's Me』をkit galleryにて開催。


自身のイメージをキャンバスに描く作品からアーティストのマーチャンダイズまで幅広く活動中。
















ゆるくて温かいGATAFORNIA DREAMIN'の文字の上には朱鷺が飛んでいるデザイン。



今回カラーはアルビレックスでもエスパルスでもない絶妙なオレンジをチョイスさせていただきました。


新潟の湿度の高い夏にピッタリのデザインです。



今回は気合の入ったプロモーション動画を数種類作成。


スケートをしている青年はヤマザキケンユウの息子「あお」くんです。



ムービーはGATAFORNIA collectiveの徒歩圏内で撮影。


アーバンで若くて今楽しい新潟を表現しました。


ぜひ全種類ご覧になってください。


オンラインショップはこちらです



Tシャツは今回もすべて受注生産です。


予約していただかないと手に入りませんので、どうぞお早めにご予約ください。




















閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

吐き気がするほど楽しみにしていたオビワンケノービのドラマ。 賛否両論ありますが、私にとっては残念ながら期待していたものではありませんでした。 なぜ面白くないのか考えてみました。 ネタバレありです。 ジョージルーカスが作ったスターウォーズはカウンターカルチャーでした。 まず、私が思うジェダイの哲学から。 ジェダイの哲学は、本来人間が持っている能力や宇宙の法則を描いていたと思われます。 求めることでは