-1- The impact of CS60 on me

CS60をご存知でしょうか?



https://cs60.com/

それは金属でできたデバイスで体をこすることで、不調が改善すると言われているトリートメントです。


私の友達が富山県立山町で施術所を開いており、私は彼を定期的に新潟に招き施術会を行っています。


みらい研究堂





ちなみにフライヤーとウェブサイトを作らせていただきました!



新潟で行う施術会は毎回予約が埋まってしまうほど人気になりました。

腰痛で来られる方や不定愁訴などでこれらる方が改善して帰って行かれるのを見ていると私も嬉しくなります。







今日はCS60が私にもたらした影響を数回に渡ってお伝えします。


私がCS60を知ったのは大好きな「高城剛」さんのポットキャストでした。

彼はメールマガジン高城未来研究所「FUTURE REPORT」を毎週発行しており、そのサブ企画として数年前ポットキャストを行っていました。


それは高城さんが興味のある人を招きインタビューをするという企画でした。


そこにcs60を開発した西村先生が登場しcs60の開発秘話をお話しておりました。

西村先生はもともと発明家でありcs60の設計図は夢で見たとのこと。


私は非常に興味をそそられ、すぐに施術の予約をしました。




当時のCS60本部はもはやどの沿線でどこにあったかも忘れてしまいましたが、お蕎麦屋さん一角が施術スペースになっており、非常に怪しく重い空気が漂ってました笑。



続く




閲覧数:71回0件のコメント

最新記事

すべて表示

吐き気がするほど楽しみにしていたオビワンケノービのドラマ。 賛否両論ありますが、私にとっては残念ながら期待していたものではありませんでした。 なぜ面白くないのか考えてみました。 ネタバレありです。 ジョージルーカスが作ったスターウォーズはカウンターカルチャーでした。 まず、私が思うジェダイの哲学から。 ジェダイの哲学は、本来人間が持っている能力や宇宙の法則を描いていたと思われます。 求めることでは