-4- The impact of CS60 on me

変わりたいと言う人はたくさんいますが、どの様になりたいかが重要だと思います。

どの様に変わりたいか設定したらあとはやるだけです。

そのために自分を知る必要があります。


漠然に変わりたいと言っているだけでは何も変わりません。


変わった自分をリアルにイメージすることで勝手にその未来は目の前にやってきます。


どの様にイメージするか。。。


そこがポイントでテクニックが必要になります。

やり方はたくさん本が発売されてますし、お金を出せば多くの人が教えてくれます。

ある程度高額なことが多いですが、高額を支払ってでも変わってやる!

という意気込みも重要なのかもしれません。



さて、前回の続きです。


日比谷でCS60の施術者、矢野辰弥さんに出会いました。


私はすぐに彼のCSを受けるために富山県立山町へ行きました。


そこでは施術前に3時間くらい話していたかもしれません。


しっかりと向き合って高城さんの話やCS60の話をしました。


施術後にはグルテンフリーのカフェにいってたくさん食事をしました。


その後どのような流れになったかは忘れましたが、彼は定期的に新潟に来てCS60の施術会を開いてくれることになりました。


はじめはレンタルスペースを借りて行い、最近では私の家で施術を行っています。


私は矢野さんの施術を始め様々な人の施術を受けてきました。


東京のみっきーさん、早川さん、富士市のピュアアムリタさん、福岡のホワイトビーチさん、宮崎の月と月さん、新潟のプライマリーケアさん、大阪の石田さん


この殆どの人達が、商売っ気なく人に良いことをしていれば勝手に自分に帰ってくるというスタンスで施術を行っています。

みんな本当に優しくて利他的です。


このような方たちの施術を受けていれば優しくならないわけが無いのです。



どうやらCS60の中には愛が組み込まれているようです。


その理由を次回お伝えします。








閲覧数:67回0件のコメント

最新記事

すべて表示

吐き気がするほど楽しみにしていたオビワンケノービのドラマ。 賛否両論ありますが、私にとっては残念ながら期待していたものではありませんでした。 なぜ面白くないのか考えてみました。 ネタバレありです。 ジョージルーカスが作ったスターウォーズはカウンターカルチャーでした。 まず、私が思うジェダイの哲学から。 ジェダイの哲学は、本来人間が持っている能力や宇宙の法則を描いていたと思われます。 求めることでは